BISのクリエイティブディレクターIvan Buchta氏へのインタビュー

Interview with Ivan Buchta, Creative Director of Bohemia Interactive
BISのクリエイティブディレクターIvan Buchta氏へのインタビュー

 

Everyeye:新しいAIシステムには取り組んでいるのでしょうか?正確には何に焦点を当てているんでしょう?

Bucht:AIの改善に関しては、我々は主にAIの兵士により自然な動きを実現させたいと思います。マイクロAIシステムは、既にAIを対戦相手として手ごわい敵としていますが、ビジュアルの面での改善点も多くあります。新機能、例えば、水中運動に応急処置またはルーチンカスタマイズ可能なloadoutsを使用するようにAIに"教える"ことに力を入れています。

 

Everyeye:ひとつめの大きな新機能は、水中戦闘になりますね。ボードやサボタージュに潜水艦、大型船を導入するのでしょうか?海流も実装されるのでしょうか?

Bucht

 

Everyeye :ビークルはどの程度リアルリズムに凝られているのでしょう?
例えば、Take-Onの操作では複雑な操作を習得するにたくさんの練習が必要です。戦車を操縦する方法も私達は疑問に思う...

Bucht:戦車のコントロールはArmaシリーズの前タイトルと同じものとなる。我々はすでに膨大な数の機能を提供している。したがって、我々はそれ以上の複雑なコントロールに車両にしたくない。しかし、戦車は運転や衝突に関しては改善された物理シミュレーションのおかげでずっと良くなるだろう。

 

Everyeye:具体的には何が変わるのでしょうか?(すなわち新しい物理システムなど)

Bucht:我々は、主にカスタマイズのオプションを追加することに焦点を当てている。様々なアクセサリーや光学機器と夜間OPSに変更可能です。より複雑なシミュレーションの追加は予定されていません。既に我々は弾丸のドロップと武器ゼロイン調整機能を持っていることはどちらもAIに対してうまく働いている。

 

 

リンク