Gamescom 2011 Arma3リポート【ARMA3】

As many of you will probably know PurePassion was invited to visit the BIS booth at the 2011 Gamescom.
He has spend a lot of time talking with the developers about the new and improved features in Arma 3.
Today, after he so cruelly teased the community for a few days while awaiting approval to release the information he heard, he has written his report and released it on the BI forums.

AI改良により、ゲームのCQB面が改良されるでしょう。
環境面での優れた点は、野生動物です。犬、羊、ロバ、蝶、サメや蛇が登場します。

Arma3の主な改善点を紹介します。PhysXは 開発者とプレイヤーに新しい可能性を与えます。PhysXの車両や水のシミュレーションに使われています。PhysXのシミュレート能力によりロープのシミュレート(ファストロープ降下がサポートされる)、トレーラーへの車両の積載が可能です。また、他のオブジェクトに影響を与える力が正しくシミュレートされます。エンジンのもう一つの改善点はラグドールです。Pettkaは私に言った、アニメーションからラグドールに融合できるアクティブラグドールはチームにとって非常に素晴らしいチャレンジになると私は考えていると。

私が最も感銘を受けたものは、新しいアニメーションシステム(今まで公開されたビデオで見られたアニメショーンの大部分は古いアニメーションを流用していた)だった。そこにあったカスタムリロードのアニメーションを、すべての武器のために行うとPettkaは私に言った。また、TOH(Take On Helicopters)からのイン・アウトアニメーションを保持。アニメーション自体はまたそれらの中より多くの情報が含まれているので、いくつかの素晴らしい変化を期待する。 私はすでにGM6 - Lynxの例で述べたように、リロードのアニメーションがまだにもかかわらず、動作アニメーションがWIP実装されていた。

チームはUAVのを改善し、強化・向上させたいと教えてくれた。砲兵システムも改善されようとしています。プレイヤーはさまざまな効果を持つ異なる種類の弾薬を選ぶことができるようになります。大砲を操作するときは、マップ上のターゲットの場所をクリックすると、あなたが目標を達成するために調整する必要がある標高と方向を示す特定の値を取得することができます。負傷システムは同様にいくつかの変更がなされます。

ソース:http://forums.bistudio.com/showthread.php?t=124030

リンク