深く根ざした長期の経済危機は戦争の発端へと向かわせていた。悩まされたNATO加盟国は野心を抱いてよみがえったイランと対照的に衰弱の一途を辿っていた。

ロシア、中国との戦略的通商協定の強い絆に支えられたイランは、リソースが枯渇したアジア 価格が上昇を続ける豊かな市場の利益によって、その影響力を拡大しようとした。

迅速な人道主義の名のもとに、トルコ - 一連の先例がない自然災害により壊滅状態- は数か月で冷酷なイラン軍に占領された。イランの積極的な拡張 -ギリシャ領土に波及- エーゲ海沿岸の戦略的戦線を定めた2034年のエルサレム平和条約の批准を待ってRhodopeの管轄権を停止させた。

米国は 太平洋地域における中国の積極的拡張政策に対して独自の代理戦争を定めた。毎年、多くの加盟国がロシアからの石油供給のためNATOを去った。バラバラになった連合は国際規模の衝突の危機に直面する。


リンク