Factions

派閥の説明と分析の要約

NATO【北大西洋条約機構】

 作戦地域での深部偵察のなか、特殊作戦部隊か諜報機関の要員には遭遇するかもしれない。だが、彼らからの支援には限りがあるだろう。

 

Iran(イラン)

 リムノスに展開するイラン軍は、従来の大隊を組み合わせた任務部隊から成ると推定される。軍の主力は、旧NATO/ギリシャ空軍基地(LGLM ICAO)に隣接する位置に新たに構築された基地にあると推定されている。大半は地元抵抗運動の脅威から基地境界線の保護と反乱鎮圧の作戦に従事している。基地のセキュリティは一部はロシアの民間軍事会社が担っている可能性を示す兆候もある。
 イラン軍は、電子情報収集とSIGINT能力を持っている。我々は、地理的にトルコの海岸に近いために供給が確保されたと推定している。
 可能であれば、接触を避けるんだ。

Militias(民兵)

 複数のヒューミントソースは、地元の軍閥が島の南西を支配しているとしている。彼らは、法と秩序を維持しており、大隊規模の軍事力を保持している事が情報より示されている。ソースは、イラン軍が地元抵抗運動による反乱の鎮圧ため民兵たちをサポートしているとしている。

 民兵たちは、OPFORとその同盟国からヘリコプターを含む軍事援助を受けている。この派閥との協力はいかなる状況下でも勧められない。

Bandits 

 武装した犯罪者の集団である。様々な地域の民兵組織の一部や地元住民、トルコ、クレタ島、キプロス、バルカン諸国、北アフリカからの難民たちではないかと推定される。犯罪者たちの武装は、対空ミサイルや対戦車兵器を含む比較的軽度な武装であるという。

 これらのグループは我々にかまったりはしないだろう。だが、負傷したNATOの要員を利用したりする可能性がある。

 

○Resistance

 地元の武装抵抗運動は戦前の組織犯罪グループから始まったことが疑われる。我々は、このグループが中立的な立場から範囲であることからが、イラン軍やMyrinaの民兵に敵対になる密輸業者や山賊と良好な関係になれるのではと期待している。しかし、このネットワークの強みや能力についてはほとんど知られていない。
 武装については多少の情報はある。武装は敵から鹵獲したもの、戦前のギリシャ軍デポジット場所(訳注:簡易兵器集積所のこと)から略奪したものだと推定されている。
 地元抵抗運動との協力は可能だが、安全面での高いリスクのため勧められない。
 

○Smugglers

 エーゲ海上の現状に関する報告によると、密輸や人身売買業者の大規模なネットワークは、OPFOR支配地域の中でも機能している。当事者らは、エーゲ海の島々とトルコの海岸、クレタ島の飛び地にグレーゾーン経済を敷いている地元犯罪グループとささやかな軍閥により構成されている。
 密輸業者は、軽武装だが その密輸ネットワークは、車両、ホバー-クラフト、モーターボートと広範囲に渡っている。
 密輸業者関係者との協力は、NATO情報司令部の直接承認により可能です。

○Civilian populace

 大衆は、イラン軍事当局や民兵いずれかの支配下にあり、主に島 南西部に居住している。農民は、農場や山村に居住しているが、イラン軍によって島全体に確立されたセーフゾーンより、過去数年間でリムノス島はいくつかの独立したコロニーまたはMyrinaなどの都市とその周辺の地元住民とに分かれ、アジアとアフリカや地中海沿岸からの難民のための地域となった。
 非戦闘員の保有する火器の総量は非常高いと推定されている。
地域住民との協力は重要な条件は、(回避、エスケープ、後方支援の深刻な不足)ヒューミントソース準軍事的な権威に忠実である地元民が多い場合、かならず避けるべきです。地元の人々は、我々の不適切な行動やと長年の脅威に起因してNATO要員へ攻撃する危険性がある。

 

WARNING

NATO戦闘要員の隠蔽は不可欠です。作戦中に、NATOの要員は現地人と接触してはならない。

 

Copyright © 2011 Bohemia Interactive a.s. All rights reserved. Arma 3™ and Bohemia Interactive® are trademarks or registered trademarks of Bohemia Interactive a.s.

リンク