Introduction

リムノス島 : かつて地中海で最も重要だったギリシャ空軍基地は、今や敵地となっている。依然として元来のギリシャ市民が部分的に居住している。島は2033年のギリシャ軍と侵略者イラン軍との間で熾烈な戦いが繰り広げられ多くの傷を負った。現在、大規模飛行場に隣接する軍事施設は、監視対象オメガとエーゲ海上空をカバーする航空レーダーステーションのサポートにより、イランの大規模拠点として機能しています。

Geography

リムノス島は、約300平方kmの面積に広がる、Northern Aegean (39°54'04″ N, 25°14'25″ E)に位置する。その北西部地域の地形は東が徐々に平地に下がる丘陵地であり、その最高峰は海抜約400メートルに達する。島の気候はギリシャ本土よりも若干寒く、平均気温、時折季節の降雪と穏やかな冬の地中海性気候です。

 ほとんどの人が居住する開発された地域は、島の南西に位置します。現在の推定人口(軍人を除く)約2,000人が孤立した農場や村に分散し暮らしている。

History

リムノス島は、島で発見される歴史的なアンティークの数々により、歴史を通じて多くの文化にとって重要な役割を果たしました。リムノス島は連合国とオスマン帝国との間の休戦条約がMoudrosで調印された時、リムノスは1918年にガリポリ・キャンペーン中およびその後連合軍にとって特に重要となった。

 2033年、島はギリシャ空軍・陸軍により数週間に渡りイラン軍の攻撃を撃退した。しかし、翌年には島はイラン軍により占領されている。その後、ギリシャ軍の残党のうちいくつかは、地中海の停戦状態にもかかわらず、アメリカ・イギリスによる密かな支援を受け、レジスタンス組織を設立した。イラン軍守備隊は、低強度の対ゲリラ作戦に従事している。

Situation

以前の居住地域のほとんどは、現在ゴーストタウンと化した。人口は、Myrina近郊と南西部の海岸沿いに集中している。最大の人口は、現在のところ唯一のイラン軍 軍事基地です。
基本的なインフラは、主に損壊とメンテナンス不足に起因して減衰している。限定的ながらMyrinaの住宅地では使用可能です:電気、下水道、水を飲める。地域経済は主に地元特産品、野菜、遺伝子組み換えトウモロコシ、オリーブ、肉や魚の物々交換に基づいています。ハイテク機器、医療用品、衣類や高級品は不足している。

 島の大半は、敵対勢力の手にある。地域の治安を維持するために、多くの観測地点とチェックポイントが遠隔地域で設置された。いくつかの抵抗グループは敵前哨基地からはるか遠くの山岳地帯に隠れています。イラン軍は空と海から完全なサポートが行われている。

リンク