Introduction

 Stratisは現在、NATO地中海統合軍司令部隷下Task Force Aegisのホームとなっている。Mike-26航空基地の警備は主に米軍部隊が担っている。もともとはギリシャの「first green island」であった。島は、2020年の初めに軍事施設が設置された。現在は拡大するイラン帝国の前線を監視する、高度なレーダー基地と大規模飛行場がある。NATO東部戦線を監視する戦略的要衝でもある。

Geography

 リムノス島沿岸から南西へ約30km、StratisはNorth Aegean (39°31'8″N, 25° 0'24″ E)に位置する。25平方kmを乾燥した丘陵地帯が占めている。最高峰は海抜200mにも達する。軍人に釣りや一般的メンテナンスサービスを提供する民間人の住むAgios EfstratiosとAgios Nikolaosのふたつの集落が存在する。

History

 長い間この人里離れた島は正常な生活から身を引く事を強いられてきました。9世紀に追放された聖Eustratiusから、以後20世紀初頭から1970年代にかけて政治犯や亡命者に利用されました。1968年の地震の後にAgios Efstratiosのほとんどが再建をしなければなりませんでした。今日では、伝統的なブロックハウスは漁村でしか見られません。2009年にはギリシャの一大プロジェクト「green island」-国内ニーズにこたえる完全な再生可能エネルギーへの依存-が開始されました。2010年代には、その目標の90%に達しました。

 2019年には将来 軍事飛行場となる人工埋め立て地の建設が開始された。18ヶ月後、飛行場と防御施設、Air Station Mike-26は稼働を開始しました。2033年のイランによるトルコ攻撃の後、基地にはイスタンブールへ投入される北大西洋条約機構(NATO)軍の訓練施設となった。エルサレム条約によって休戦する直前、Stratisとリムノス島の間の海域では散発的な海戦が行われた。停戦後、StratisとAir Station Mike-26は地中海でのNATO軍の最東端の岬となり、リムノス島への侵入や亡命者受け入れの最初の寄港地となった。

Situation

 Stratisは、文字通り、現在米軍タスクフォース、飛行場、レーダー施設と警備部隊を擁する軍事基地となっている。トルコおよびエーゲ海西部海岸のイラン戦闘集団の強化をうけ、この島に厳戒態勢が敷かれました。NATOの命令により、CTRGグループが非公開作戦の準備のため最近Stratisに移動した。

リンク